台所日和(1)
              工房や山荘でのお昼作り・自作の漬物などについて記録するコーナーです。    


2013/03/25

何十年ぶりに「つくしの佃煮」を作る
や〜びっくり!!!茹で汁が緑になってしまった!買って一日経ってしまったからかな。
しかしネット検索してみると、「茹で汁が緑になってびっくりしないように!」とのこと。
驚くのは私だけではないようです(苦笑)茹でてしっかり水洗して佃煮に。
春の香りが漂うキッチンです。ごま油で炒めて、砂糖・醤油・白だしで味を整えて。
最近は生徒さんから「精進料理」が好いですね〜と。野菜いっぱいにしてランチを作ります。

2013/03/13

忙しい合間を見ては「圧力鍋」で常備食を作る。加圧をして食材の繊維を壊すようで
使うことを控えていましたが、使うと楽で手早く、美味しく出来るので今は重宝して
います。
大好きな「煮豆」を作って作ってみました。
金時豆500g・水300cc・白ザラ200g・醤油40cc
@ 豆にしわが出来る程度水に浸す。(豆が浸る程度)
A そのまま加圧3分〜余熱
B 汁をザルで漉す。
C 圧力鍋に豆を入れ戻して(水300cc・白ザラ200g・醤油40cc)入れて
加圧2分〜余熱する。汁も程よくあり、豆は柔らかく作りたい煮豆が出来ました。
*醤油は銘柄で味が違いますので注意して加えてください。
山荘の小さなキッチンで今日も作る加圧料理。桜も咲いて春が来ました!!!

2013/03/10

今日のランチ 今日の指導は山荘が建って初めての暴風でした。外は大変な「八風の風」で
煮染めを中断しておりましたが中でウールを織ることにしてもらいました。
久しぶりに「黒ゴマ食パン」を焼いていただきました。焼きたてなので包丁がうまく入らず、
形の崩れたパンになりました。
春の菜花がいっぱい(春菊・菜の花)胡麻和え。赤大豆の煮豆。
ひじきの和え物(レッドオニオン・シーチキン・人参)マヨネーズと酢であえる。
皆でいただく食事はおいしいです。春に感謝!!!

2013/01/13

世古さんが織りに上がる。三人でランチをいただく
急なランチで味噌漬けにしていた豚ロースを使って
丼にした。
豚丼・黒豆・野菜の白和え 豚丼:手前味噌(昨年用)を
味醂と砂糖で味を付けて味噌を伸ばして、豚ロースを
ネットに入れて漬け込む。8日経ったものですが柔らかい。
キャベツは2cm角に切ってサッと湯通しをして、
丼にご飯を入れてボイルのキャベツを散らして置く。
フライパンに水・砂糖・酒で味を付けて、軽く焦げ目を
つけた肉を入れてからめて、キャベツに肉汁をかけて
肉をおいて出来上がり。
*味噌漬けは重宝する。薄切りにしてスパゲティーに入れたり、
回鍋肉にしたりといろいろ使える。特に弁当には良い。
味噌漬けは肉と魚を分けて使うと良い。鶏も燻製のような
味わいに成ります。これを本当に燻製にしたいものです。

2013/01/06〜07

少々台所の話題と外れますが…
初参りの旅でいただいた食事を
ご紹介します。

高野山・南院さんの昼食
(写真左上)
正月気分で他所のおせちを
いただくのも楽しいものです。
高野山の胡麻豆腐は美味しい
一品ですね。

写真右上は宿泊した宝塚の
ホテルでの朝粥定食です。
少し胃が重い時期なので、
「七草粥」を美味しくいただき
ました。

孫の合格祈願に「北野天満宮」へ
お参りに。
金閣寺傍の「花巻屋」で
ニシン蕎麦をいただきました。

最後に京都の駅ビル街のカフェで
「チョレートパフェ」を。
食べるも楽し、 三人での初参り
でした。




2013/01/01

おめでとうございます。本年も台所日和をよろしく。工房のキッチン便りを楽しんで送ります。
昨年は急な展示会を開催させていただき、年末新年となかなかいつものリズムに乗れず、何とか
支度をした「おせち」でした。今回は長年説明書がなくなって使わなかった「圧力鍋」を使って、
「ニシンの昆布巻き」「黒豆」を作りました。年を重ねて作ることの好きな私も、椅子に座りたいと
思うことがあり、手短に美味しく作れば、あるものは使うという方針に気持ちを替えて作りたいと
思います。

大鍋のたっぷりのだしを作る。これを使って「煮しめ」と正月用の雑煮に使います。
★煮しめ:高野豆腐・蓮根・人参・牛蒡・蒟蒻・椎茸・里芋を一品ずつ作る。お嫁に来て義母から
一品ずつ作るものと言われて作るようになりました。実家は商売をしていたので、全てを煮しめる
作り方でした。手間はかかるが美味しいので45年あまり作り続けています。
★ニシンの昆布巻き:昆布は30分程度水に浸し柔らかくして。かんぴょうは塩もみをして10分程度
水に浸す。ニシンは一晩米のとぎ汁に浸す。人参は昆布の寸法にカット。翌朝、ニシンのうろこ等を
取って、人参と共に昆布に挟んで作る。孫と作ればアッと言う間に作れました。

料理の好きな孫は毎年手伝ってくれます。「これも一品にする!」と嬉しそう。
★黒豆:豆300g・水6カップ・砂糖300g・醤油大匙3・塩小匙2を合わせて一晩浸して置く。
圧力鍋を強火で加圧して弱火10分。余熱で出来上がり。しわも出来ず、柔らかく美味しかったです。
婿が毎年求めてくる「おせち」でテーブルはにぎやかです。皆様にとって良き年となりますように!

2012/11/11

ランチ
午後から三重県民の森に講座用の散策に再度出かけるので
サッとできるものにしました。
皿:イサキのフライ(フライ用に冷凍して置く)
キャベツの千切り、ピリ辛マカロニ
小鉢:新豆(金時豆)煮豆。チンゲンサイの胡麻和え
生徒さんから差し入れ:今が旬のさんま寿司
何てことのないフライでも揚げたては美味しいものです。
森も山荘付近もしっかりと晩秋になりました。
イチョウが綺麗で一度サンプル染めをしょうと話しながら、
散策をして良い汗をかきました。


2012/10/13

今日は生徒さんの友人が見学に上がっておいでになりました。土曜日は下の駐車場で
朝市があるので、そこで買い物をして献立を考えます。
今日の買い物は、サツマイモの紅あずま・黒豆の枝豆・パプリカ・赤大根。珍しいものが
手に入り、出かけるが楽しみな場所です。
今日のメニューは、野菜のかき揚げに魚のフライ・野菜たっぷり味噌汁・赤大根葉の胡麻和えと
赤大根の浅漬け

*赤大根の浅漬けは短冊切りにして塩で少し水分を出す。軽く水洗いをしてざるに上げ、
水分を切って「らっきょ酢」に漬ける。「らっきょ」酢はらっきょを食べて残った酢を使います。
捨てることは勿体ないので下味等にすべて使い切ります。この浅漬けを作ると、らっきょ酢が
幾ら有っても足りません。おいしいですよ!!!
赤大根の葉の胡麻和えは葉が固いので少し湯通しをして使うとおいしくいただけます。

2012/08/04

蒸し暑い指導になりました。庭では「蜩」や「ツクツクボウシ」のは初鳴きも聞き、
暦では初秋が近いと告げています
今回のランチは 冷たいパスタのトマトドレッシングかけ、キャベツのサラダ、
豆腐ハンバーグのカレー味噌かけ・雑穀米・デザートに梨の「幸水」が出ました。

今年の味噌も出来上がりおいしいです。今年は「味噌だまり」が少しですが取れました。
糀味噌なので「たまり」も白いです。「たまり」ってこんなに甘いものかと再認識しました。
おいしい糀味噌の分量をお教えします。糀10:大豆2:塩1.5の割合です。
姑から習った時は10:2:2でした。塩が多いので1.5にするように教わり、
それ以来40年作り続けて、今は主人が作っています。
今年は生徒さん達と糀味噌70kgと赤味噌16kg作りました。

2012/06/30と7/1

今日は生徒さんと棟梁と六人でランチ。棟梁達、沢水の配管をしていただく為に
上がって来て下さった
今日のメニューはカレーと生野菜のサラダ。
カレーは鳥の胸肉を使う。塩糀を少し入れて時間を置く。こうすると肉が柔らかく
美味しい。カレーを作ってほぼ完成間近にオイルでチキンを炒めてカレー粉を入れる。
生野菜のサラダ:キャベツ・キュウリ・赤玉葱等を千切りにして、塩糀ドレッシングを
掛けてしばらく置く。サラダを作ってカレー等を盛り付ければ良い時間になる。

7/1 大雨の一日 
指導もずぶ濡れ  今日のメニューは魚のフライとサラダ・煮物(厚揚げ・竹輪・こんにゃく)

2012/06/10

今日は八風に風が大暴れです。指導用のテントがバタバタとアドバルンのように上下して
怖いくらいです。ランチは5名で、生徒さんがシチューを持ってきて下さいました。
野菜サラダ:レタス・紫と赤のラデシュに赤玉葱を我が家のポン酢でいただく。
いただいたトマトをミートソースにしてスパゲティーを作成。いただきもののバナナで
デザート。皆さんの持込で美味しくいただく毎回のランチに感謝して。
たくさんの生徒がいれば色々と得意分野があってそれは楽しい。
秋からは浴衣に入ります。生徒さんの一人が指導をしてくださいます。私ついてゆけるかな?…

2012/05/05

娘の裏地の竹やぶで筍掘りを楽しむ。
3〜5cm頭を出しただけで分かる
婿と筍も収穫を楽しんだ。
まさに掘りたて!!少し皮をむいて、
切れ目を切れて茹でること30分。
ホクホクをいただいても苦味なし。
今夜は筍尽くしで参ろうと、小さい破竹を
素焼きして軽く塩を振ってパク!。
かき揚げ:筍・人参・ブロッコリー・新玉葱
これを抹茶塩でいただく。
筍ご飯:塩と醤油のみで炊く。

母の日と「クレマチス」を買ってくれた。
良く見れば「半鐘蔓」うれしいありがとう。

2012/05/03

「ねのひら物語」で「サラダごぼう」と言う名で売っていました。
「これ、葉ごぼうでしょう?」「いいえ、サラダごぼうです」との
こと。
「調理はどうするの…?」 私の郷里では春の一品。春の季節を
告げる一品です。母がこれを作れば母(私にとっては祖母)が、
「春が来た」と言って良く作ってくれたもの。毎年春が巡ると
言っていました。
結婚してすぐのこと、パパが庭に野菜を作る時期があって、
ごぼうを作ったつもりが「葉ごぼう」でした。主人の母が来て
「葉ごぼう」を作ってるのかと不思議そうに話していたことも
懐かしく思えています。
毎年種を探しても無くて残念でしたが、またまた巡り合いました。

レシピを少し…
「葉ごぼうと牛肉の甘辛」
葉ごぼう3本・牛肉細切れ150g(ごぼうは切り今回は使わない。)
@すり棒で茎の繊維を砕く。(できるだけ採りたてで)
A2〜3cmに切ってごま油をフライパンに回すように入れて、
葉ごぼうを炒める。
B火が通れば牛肉細切れを入れて炒め、味をつける。
酒、砂糖、醤油で味付ける。種を探して毎年いただきたい!
母を感じる季節の一品です!!! 葉は佃煮・ごぼうは今回カレーに
入れました。 葉牛蒡と言っても使うは『葉』のみです。

2012/04/28

山荘近くに野菜の直売所が幾つかあり、新鮮な野菜を戴くことが出来るので幸せです。
春は山菜の季節。今日は「山うど・こごみ」をいただき、ランチに天ぷらにしました。
初めていただく「こごみ」は美味しかった。孫も食べるかと出せばパクパクいただきます。
「おいしいね」こんな小さな孫が美味しいってうれしいことです。 最近レンジが壊れたので
「おひや」を炒めていただくことが多いのですが、雑穀米も塩コショウを少し振って胡麻油で
炒めればおいしい。今日のランチは皿盛りにしてこごみ・うどの天ぶら・炒めご飯・揚げ餃子・
蕗の葉の佃煮。蕗の葉の佃煮は葉を千切りにし、生しいたけも千切りにして、胡麻油で炒めて
胡麻をたっぷり振って少し甘辛にしたものです。蕗は山荘に生えている蕗を使いました。
春の今時の蕗は筋を取らなくても炒めれば美味しくいただけます。

2012/04/19

春一番…苺ジャム
ジャム用苺が手に入る。今年は安くて綺麗な粒の大きい苺です。少し生でいただき残り(ヘタを取って
5.3kg)をジャムにします。ゆきひらの大鍋に苺のへた取り、少量の酒を掛けてザルに苺を受けて
鍋に。酒2Lを入れて煮ること1時間。ペクチン用に柚子の種を茶袋に入れて煮る。苺が透明になれば
白ザラ2kg入れて半量に成るまでに詰める。今日は出来あがるまでに3時間掛かりましたが、無事に
ビンに詰めて冷蔵庫に。水は一滴も入ってないので酒が防腐剤の役目をしてかびる事無くいただけます。

2012/04/01〜05

春休みに入り孫たちが集まる。
集まればかならず手作りをする恒例になっています。
今回は「なごみ倶楽部」作った「アップルパイ・
羊毛ボール・カステラ」と盛り沢山でした。羊毛ボールは
針で羊毛をチクチクするので案外危ない…。5年生の孫は
完成を見ない間にやめました。意外と手が痛いのです。
単調で続きませんでした。でも中高校生はスイスイと遊んで
います。羊毛ボールに花を咲かせたり、サッカーボール柄に
なったり、一つのサンプルから柄は色々生まれてきます。

アップルパイは冷凍パイ地を使った簡単なものですが、
長女宅で焼けるかどうか不安なオーブンがフル稼働です。
カステラは何度も次女に習っていますがうまく出来ません。
この春休みに二日続けて焼けたので自分のものなったと喜び
ましたが、山荘で焼いてみると…納得がいきません。
まだまだ作る余地があります。

2012/03/06

塩麹を作る・・・
今年は味噌用の麹を大量に作ることになった。娘の所の米と生徒さんにいただいた米で45kgを
作る。例年の倍である。2月のなごみ倶楽部で「味噌作り」をする予定で麹を作る。味噌は八升甕2個と
30kg用漬物樽2個で作った。

10kg余り麹が残ったので、生徒に1kgずつ分けて残りを「塩麹」にすることにした。
麹300g・塩100g・水400gの割合でNHKの番組の分量で作った。
作るは到って簡単。 麹と塩をしっかりと混ぜ合わせそこに水を加え、10日から2週間室温で一日1回
かき混ぜて発酵させる。出来たものを使っていろいろ試している。確かにデンプンを分解して糖にして
いるらしく、味もよくすばらしい。2回目に作った「塩麹」はただいま発酵中で麹を1kgにして作った。
6日目であるが発酵が遅い。温度も低いが少し遅い。よく使うので麹を1kgにしたが、多くしない方が
良かったのかも知れない。少し不安であるが2週間待ってみることにする。

一日何回も初めての麹は混ぜたが、楽に作れたので2回目は一日1回混ぜるだけにした。試したものは
お好み焼きの種に入れる。衣を作って野菜を入れる前に入れてしっかりと混ぜて、具材を入れてしばらく
置く。ソースなしでまずいただいてみてください。長いもをすり、その中に大匙1の塩麹を入れて混ぜ
しばらく置く。それだけで味が深く美味しい。
餃子の種に大匙1・少しの胡椒だけ。入れてよく混ぜ合わせ皮で包む。モッチリとして冷めても美味しい。
野菜炒め・和え物等に・・・ポイントは混ぜてしばらく置くことです。塩麹を使えば調味料をあれもこれも
使わずに調理できることです。長くブームではなく使っていきたいと思う。

2012/02/19

19日のランチと赤大豆     
皿:太刀魚のフライ・ブロッコリー・野菜のソテー  
小鉢:大根の甘味噌かけ(工房には火鉢・山荘には薪ストーブと火が
あるので大根等を常に炊く)
ご飯:雑穀米
汁:人参・白菜・油揚げ・味噌(手前味噌)25日になごみ倶楽部にて今年のを皆で作る。
フルーツ:オレンジ(広島瀬戸田産)          をいただく

18日に上がってくると雪があり、雪かきをしてお客を待つ。19日は指導日のランチでした。
福井大野産の「赤大豆」 幻の大豆と言われているそうです。福井の娘から昨年貰って一度炊くと
とても美味しく今年はネットで探しました。少し残っているとかで分けて貰い大切にいただいて
おります。
赤大豆、正に赤いのです。汁も赤く身体に良いと感じます。煮豆(金時のように煮崩れしません)
今回は豆だけで炊きましたが、 次回はおかず豆にして、こんにゃくや昆布を入れて炊くことに
します。

2011/11/17

柚子ジャム作り 
柚子22〜23個分、皮 500g、汁 300cc、種120g(汁が付いたまま)
取れる 柚子汁70cc・種少し・砂糖300g・酒400cc
カットして、手でしぼる。ネットで汁と種に分ける。種がこのまま洗わずに使用する(天然ペクチン
すごい威力です)中の白い部分をギザギザスプーンで取り除く。皮を薄切りにして煮る。水を張って、
沸騰3回湯を替える(柚子の苦味を取る)。苦味を確認して、種は120gの内少しをネットに入れて
使う。ザルに受けて酒400cc・種を入れて火にかける。煮えて終わりに柚子汁を加えて、味見を
して火を止め冷ます。冷めたもの(種は取り除いておく)をフードプロセッサーかけて、とろみ加減で
酒を加えて沸騰させて出来上がり。煮えて終わりに柚子汁を加えて、味見をして火を止め冷ます。
冷めたもの(種は取り除いておく)をフードプロセッサーかけて、とろみ加減で酒を加えて沸騰させて
出来上がり。ビンに詰める。山荘勉強会で早速いただくことにする。水は一滴も入れないのでカビに
なりにくい。残りの種は冷凍にして、白い部分はネットに入れて風呂のアロマに使う。柚子は捨てる所
なし。

2011/11/13

アテントのサンド…「アテント」は国道365号藤原・山口信号付近にあります。
サンドの美味しいカフェです。

パンは薪オーブンで焼いています。 一時間待たされて…でも食べたくて待つ。四人が四様
それぞれのものを注文して少しずついただく。娘は定食。婿はバーガーサンドと野菜サンド。
二人は定番のチキンサンドとベーコンサンド。バーガーサンド・野菜サンドと定食は
いただいたことが無いので興味津津。写真もパチリ!でもバーガーサンドを撮り損ねる。
定食(チキンそぼろ・サラダ・酢の物・汁物・ひじきの煮物)が一番に来て、 野菜
ベーコン・チキンと順に来る。ちょうど良い具合で味わって、話しに華が咲いて良かった。
シンプルな野菜サンドも美味しかったです。

2011/11/09

斉田さんに今年も20kgの大根をいただく。ありがとう!!!早速「たくわん漬け」に入る。
大根を半分に切って下漬けに。重石はこんなに…重そう。大根の葉はさっと湯がいて、細かく
切ってしぼり、ごま油で炒めておかかをたっぷり入れる。味付けは砂糖・醤油・白だし。
それにたっぷりの胡麻を入れるとご飯が進みます。

無花果ジャム二回目つくる。 娘たちにあげるとジャムが無くなった。今回は6パックで作る
皮むきをして2.3kgあった。酒400cc入れてしばらく煮る。無花果が透明になると
砂糖1.5kgと 季節の「柚子」の種7個分を茶袋に入れて煮る。天然のペクチンでトロトロに。
出来上がりに柚子7個分の汁を入れて火を止める。柚子はレモンと違って香りがあまりジャムに
入れると感じません。大目に入れても大丈夫。

2011/09/22

11.9.22 煮豆を作る。
豆が好きで、何種類かいつもキッチンには有る。
とらまめ・金時豆・うずら豆・うぐいす豆(グリーン豆)・黒豆等々…。
豆が崩れないでふっくらと煮えることが目標です。1回500g煮て冷凍して
少しずついただきます。
いつもはご飯を炊く鉄釜ですが、今回は無水鍋にしました。水をひたひたに入れて
蓋はしないで、沸騰させて1回捨てます。水をまたひたひたに入れて蓋をして
我が家の一番小さい火で(弱火)煮えるまで。 途中鉄釜蓋をのせて圧をかけて、
出来上がれば 水気を捨てて、砂糖を300g・しょうゆ等を入れて味を調えて
冷えるまでに何度か釜を揺すって味を万遍なく付ける様に冷まします。
台風等でお彼岸がどこかに飛んで行きました(苦笑)煮豆を供えることにしました。

2011/09/20

カレー・スパ・盛岡冷麺
最近少し主人の体調が優れないので、少し食事に注意を払っています。カレーが食べたいなと
言うことで少し甘いカレーを。野菜たっぷりと入れて、子供用かな〜というぐらいの味付けに。
生徒さんにごめんなさい。
スパゲチィーも野菜たっぷり! 盛岡冷麺は私の大好物のひとつ。若い頃お給料をいただいて、
友人と「食べる楽しみ」を毎月持っていました。韓国の冷麺に似ていて好きです。
いつか韓国に食事ツアーに行きたいものです。

2011/09/05

無花果のコンポート作り
鳥居さんに今年もドッサリと無花果をいただく。台風12号が
日本列島に到来。ゆっくりの台風は各地に甚大な被害を及ぼして
なおもゆっくりとした速度で進んでいた。

強風の中、鳥居さんから電話「作っている人からたくさん無花果を
いただいたの、先生食べる〜」いただきたいけど今から来るの??
危ないよ〜 でも無花果は待ってくれないどんどん傷んでいくから。
満喫するほどいただいて、痛んでいる物は廃棄しました。

コンポート又はジャムに2kg二人で皮むきをしました。火の番は
いつものようにパパの仕事になる。24日の「なごみクラブ」でいただき、
残りはお土産にしましょう。

無花果 材料:皮剥き2kg・白ザラ1kg・お酒
@皮を剥いた無花果にお酒を振って少し置く(カビ等の為)
A鍋に無花果を入れてお酒を無花果の上まで注ぐ。
  強火で沸騰させて中火から弱火にして、イチジクが少し透明になる
  まで煮る。
B白ザラを半量の1kg加えて、ザラメの音がしなくなれば火を切って、
  冷ます。
  あとはアイスクロームに添えていただき、残りをジャムにしてもよし。
季節の贈り物ありがとう

ちなみに無花果の露地栽培は雨が苦手!いただいたイチジクは外目白く、
熟れていない感じであるが、柔らかく皮を剥くにも難儀するほどである。
出来上がりが白く、あえて今回は煮すぎないようにしていただくことに。
実が硬く白いものは毎回「甘露煮」にします。其のときは皮を剥かず、
お酒のみ使います(白く出来上がります)。
          

2011/07/15

福井八坂の「祇園祭」の奉仕に出かけて10年近くになる。通い続け少し慣れてきたので、今回は
「カステラ』や「紫蘇ジュース」を作る。この漬物は主人が丹精込めて作った漬物達です。
カリモリやキュウリは3年もの、ヤマゴボウは2年ものと毎度のキュウリの「辛子漬け」 楽しみに
待って下さる方があるので作る張り合いもあるもの。感謝!!!
帰る前にランチに出かけて「楽膳」という和風のお店に三人で入ったので三点別々の物を注文する。
これにデザートが付いて950円と手もお徳で感謝していただく。指導日をぬっての三日間、命の
洗濯をしながら友人の個展を見ながらゆっくりと帰る。好きな食器を求めて帰る。

2011/07/13

カステラ作りに挑戦
材料:L玉子7個・砂糖250g・牛乳50cc・ハチミツ大匙4(88g)・強力粉200g
ボールに玉子を入れて膨らます。砂糖を加えて10〜15分(字が書けるほど)その中に牛乳・
ハチミツを入れて混ぜ、 粉を加えて生地を切るように混ぜ合わせる。粉っぽさが無くなるまで。
160〜170℃で60分
私はこれで四回目作るが娘の指導の上で作る。今回は目で見て作ったので次回からは一人でどうよ〜と
言える「カステラ」は作りたい。
娘は一度も失敗しないので「良く分からないわ、何処が難しいかな〜」と言われているので…。

2011/06/10

世古さんにいただいたトマト。しっかりと熟らしてソースにする。一箱いただき、2/3で作る。
トマト10個・玉葱2個・人参1本半・ニョキー1本・にんにく2片・生姜1個・ローリエ5枚・
ブイヨン9個(3銘柄の物3個ずつ)

@大鍋にトマトを4つ割りにして少しの水を加えてトマトの皮を取る。フードプロセッサーで野菜を撹拌。
Aにんにくと生姜を撹拌して、オリーブオイルを入れて、にんにく・生姜を炒める。
Bたまねぎ等野菜を入れて炒め、トマトの水煮を入れる。全体に軽く火が入れば、ミンチを入れて
 ローリエを入れて、中火で煮る。
C感触としてモッタリと重たい感じがすると、水分が飛んでいるのでケチャップ等を入れて味を整える。
 何度か沢山いただき作りましたが、やはり手作りは 「旨〜い」ですね。

2011/06/04〜05

曽我部さんが「山帰来・さんきら」別名さるとびいばらの
「さんきら饅頭」を作って持ってきてくれました。山荘の
庭仕事に厄介なほどある「さるとりあばら」の葉を持ち帰り
早速作ってくれました。

季節のもので作らない手はないでしょう。葉は薬効があり、
餅作りに使っていたようですが、最近は柏の葉で作るので
「かしわ餅」になってしまったとか。秋には赤い大きな実を
付けてきれいです。美味しかったです感謝!!!

今日のランチは…そういえば二日続けてのランチですね。
毎回思いますが、大勢でいただくランチは美味しいものです。
皿:鯵のフライ・新牛蒡・しめじの二種類の天ぷら
デザート:富士の林檎・曽我部さんの「さんきら饅頭」
小鉢:レットオニオンとたこの酢の物
盛り:一口がんも 新牛蒡は軽く灰汁を取り天ぷら粉の中に
胡麻をたっぷり入れてあげる。ごまと新牛蒡の風味が絶妙でした。

今日はお三人さんで整経の人、煮染めの人、織りの人とそれぞれが
作業に。ランチの時間が楽しみな時間です。暑くて「二年ものの
枇杷シロップ」をいただきました。暑い夏が其処まで来ていますね。

2011/02/20

ドライ野菜
今日は日曜日「ねのひら物語」産直の開く日。生野菜がいただきたくて山荘から1〜2分のところに
出来るだけ走る。
ランチはドライ野菜のやきそば・生野菜・あおさ食パン。ドライ野菜と言えば、切干大根位で
使うことは無かったのですが、関心は前々から有ったので「是非使ってみよう!」と思いました。

フライパンに少しの水とドライ野菜を入れて蒸し焼きに。その中に焼きそばを入れて出来上がり。
今回のドライ野菜「日野菜・からし菜」葉は大きくないのでそのままで手軽に使えた。これは良い
ですね〜。生野菜はトマト(これが甘い。糖度11位)ここまで来るとフルーツである。
葉ものは一袋に色々入っている(中でもわさび菜)がおいしかった。 山荘で葉もの野菜を作りたくて
興味津々です。
生徒さんにいただいた「あおさ」食パンこれまた美味しい。時間が経っても風味も香りも良くて嬉しい
食材です。「伊勢志摩特産」今が旬。少し求めて焼きたいと買ってもらうことにしました。

2011/02/17

強力粉800g・砂糖40g・イースト16g・水580cc 塩入れず・バター32g
意気揚々と食パンを作る。おいしく出来ること間違いなし。
外気温11.6℃ こね12分…と順調に進む。こねが終わって、ボールに入れる。生地が
粘って硬い感じ。通常に生地と様子が異なる。パパに手伝ってもらい、第一発酵用ボールに
移す。ラップをして90分。78分で見てみるとラップの上に付き風船のようにパンパンで
ある。やっとのことでラップを取り、8等分にしてベンチタイムに入れる、20分。
これは通常と大差は無かった。 第二発酵が膨らまない。90分経って20分を2回しても
大きさに変化が無い。
200℃25分で焼いてみた。ここで二重トラブル!ラップをしたまま焼く。生地の上に
ラップの残骸が。型の淵に残骸がへばりつき取るのが大変である。パパの仕事を増やして
しまった。正直にパパに話す。寝ていたパパは起きてきて、いつものように叱ることなく、
このままにして明日だ」と一言。結局このパンは食べることなく廃棄にする。食べては駄目
だと釘を刺された。目をつむることにする。17回目の大失敗である。
パパはパパなりに考えてくれていた。なぜ膨らまなかったか…、塩である。先回「あおさ」を
入れて塩を感じたので 入れないで焼くことにした。全然無しはいけないようである。少し
減らすとかすればよかったが、一気に入れなかった。「あおさ」の塩分と塩を抜くは別物の
働きで必要なものだということが分かりました。「あおさ食パン」は作りたいのでもう一度
塩を入れて作ります。「あおさ」入れはほかの生地より様子が違いますがおいしい食パンです。
今は気持ちが今少しへこんでいますが(苦笑)

2011/02/12

久しぶりに『アテント』に出かける。夕方からヤマイチ夫妻が泊まりに来る予定。買い物を兼ねて
藤原まで『サンドイッチ』をいただきに。走り出すとあやしき雲が鈴鹿にかかる。雪が降り出した。
帰りは大丈夫?とパパに問いかけると「大丈夫だろう」この一言で安心して走る。
結構お客が多いので12時前には付くようにしている。やはり「いっぱいでした」チキンサンドと
ベーコンサンドを注文して楽しい会話を楽しむ。今回は薪ストーブの前に座ることが出来た。
「暖かである」年期の入った外国製のストーブよく見る。これは高いのである。
ここはサンドが美味しい。パンが美味しいのである。今、食パンに夢中の私「今日のサンドのパンは
何が入っていますか」「ライ麦」とのことです。次回はこの「ライ麦」を入れてみようと思う。
サンドにはいいパンです。楽しい、ゆったりとした時間を久しぶりにいただき満喫する。ストーブは
身体に芯まで温めてくれるストーブです。 暖かだったので私は「アイスコーヒー」にしました。
帰りりは鈴鹿の雪山を眺めながら走ることが出来ました。

2011/02/09

あおさ食パンをつくる。
伊勢の生徒さんから『伊勢志摩特産・青さ』をいただく。
強力粉800g・水580cc・バター32g イースト16g・砂糖40g・塩16g・あおさ40g
牛乳が無く水のみ580ccにした。「あおさ」海草の匂い多い。もしかして塩分が多いかも
こね〜第一発酵〜ベンチタイム〜第二発酵〜焼き 「あおさ」食パンで生地がもちとして
膨らむかと心配する。それなりの膨らみ安心。 海草なので塩気があるので『あおさ』を
入れるときは塩を拭いて。 軽くトーストして何も付けずいただく。プレーンな食パンでは
なくいろんなものを入れて食べたいと希望した。 『胡麻・胡桃・あおさ』とクリヤー出来た
のでうれしい。暮らしの中に食パン作りが定着しました。山荘ではランチを共にいただき
ながら染織をしています。是非一度おいでになりませんか。

2011/02/08

食パンを焼き続ける・・・
素晴らしいこね器とオーブンがあれば誰でも作れる食パンです。今日は胡麻を80gを120gと
勘違いして入れかけました。今回は90gは入りました。ふくらみが不安でしたが綺麗に膨らみ
ホッとしました。毎回2斤2本を焼きますが胡麻は白黒各40まででしょう。焼いて時間が何日も
経っていても柔らかいパンです。作業をしながら染織が出来るように時間配分で出来るようになり
ました。毎日美味しい食パンをいただけるようになりました。
生徒さんが伊勢名産の「あおさ」を下さり食パンに入れてみたいと思います。手作りは好きな物を
入れられることが出来て嬉しいです。何事も同じ。生徒さんに短時間で10本まず織りましょうと
話しますが、作ることにこだわれば少しそのものを作り続けること織り続けることが上達の早道
ですよ。

2011/01/23

今日は日曜日。沢水のご機嫌が悪く、チョロチョロとしか出ない。後片付けも出来ず泊まることに
した。久しぶりに「ねのひら物語」新鮮野菜直売所に出かける。地元・菰野町の私たち若者が
無農薬・減農薬の野菜作りに挑戦しています! 生サラダ用に赤からし菜・サラダ白菜・キッチン
ガーデンのルッコラでポン酢ドレッシングをかけて。真冬の中、ルッコラがまだ元気でいただけるのが
嬉しいハーブです。春には種を採ってと楽しみ!ポン酢ドレッシング:柚子ポン酢に同量のラッキョ酢を
加えて少し炒りゴマをかけて。ラッキョ酢は自家製で年中使う万能調味料です。味噌汁の具に冷凍の
ワンタン風を作って(餃子等の実や皮が残った物を冷凍して)。

2011/01/22

山荘に義サン達が上がってくる。
「まき小屋を作り」 指導と重なり、山荘のランチ8人分つくる。昨日からシチューを多く作り、
食パンでいただくことにする。雪かきの作業等で肉や食材を買いに降りることが出来ず、
あるもので作る。サラダもなし。
食パンは二種類「胡桃・胡麻」胡麻は80gで良いが胡桃は余り感じないので、次回は100gで
作ってみる。お願いしていたテーブルが出来て早速使ってみる。みんな持ち寄ったおやつを
出してゆっくりといただく。

2011/01/20

食パンを焼き続けて・・・。
山形食パンが好きなので型に蓋をせずに焼いています。数えれば10回になります。食パンは
焼けども焼けども無くなるので焼いています。ようやく材料の分量が安定しました。
美味しいですよ。

【食パン 2斤×2本分】
強力粉800g イースト16g 塩16g 砂糖40g水580cc
胡麻入りは胡麻白黒各40gの80g 胡桃入りは80g
@全てを軽く丸くまとめて、こね器で12分。
A第1発酵 今は90分
Bベンチタイム 20分
C第2発酵90分   
今週は棟梁が上がって薪小屋を作ってくれますみんなでパンをいただきたいと焼きました。

2011/01/15

今年初めての指導日 原・曽我部・世古の三人。早朝から初めての雪になる。これは
上がって来れるかと心配をするが、誰からも1本の電話も無いので下は雨かな。
ノーマルの世古さんが上がり口から電話をよこす。「大丈夫よ」皆が揃っての指導になる。
ミートソースは指導を計算して作っておいた。JAで「黒キャベツ」を売っていたので
求めてスパの添えにした。 シャキっとした冬野菜(イタリア野菜)である。生徒さん皆が
存在を知っていた。エリンギ・黒キャベツ・人参のオリーブソテー、胡麻食パンを
初めて作った「柚子ジャム」でいただく。 今年も楽しいランチを作りたいと思う。

2011/01/14

胡麻食パンをつくる。材料は先回の食パンの分量に白胡麻・黒胡麻各20g(計40g)を入れる。
胡麻は、こね12分の終り3〜4分前に入れる。この時期は寒いことと生地に異物が入るので
発酵に時間が掛かる。でも時間・日数が経っても美味しい食パンに成ります。こねと発酵を
丁寧に時間を守れば食パンは楽しんで作ることが出来ます。空いた時間が手のリハビリに
手編みをしています。 10年以上経った茜の中細で孫のマフラーを編んでいます。

2010/12/22

食パンを焼く・・・
コンベックを求めて「食パン」を焼く。若い頃は本当に毎日焼いておりました。娘にあげた
「コンベック」今さら買って…と思いつつ「買いました」こね機も買いました。(苦笑)
今から生徒さんに、またいただいたと笑われるほど焼くと思います。

染織も楽しい。いつまでも続けていきたい。今までは、がくしゃらに走っていましたが、
今からは楽しんでいきたい。なら生徒さんと分かち合いながらと思いつきました。

<<美味しい食パンの配合>>2斤×2本分
強力粉800g イースト大匙2(16g) 塩16g 砂糖40g 水580cc(内80cc牛乳)
無塩バター32g 
@すべてを軽く混ぜてこね機で12分。(バターは10分して2回に分けて入れる)
Aボールに移してラップして 第1発酵35℃ 40分
Bガス抜き〜ベンチタイム15〜20分 第2発酵  
C型に生地を入れてラップしてラップに付く程度になると焼きに入る。
 コンベック 200℃ 25分
D出来上がりにバターを軽くぬっていただきます。
 丁度青山さんが来ていたので1本差し上げました。 今度は「胡麻食パン」に挑戦します

良き歳でありますように!!!

2010/12/12

原さんとランチ
皿盛:サラダ(ルッコラ・人参・水菜・サラダ白菜)
   ハンバーグ・ポテト
味噌汁:豆腐・長ネギ デザート:林檎(信濃ゴールド)
香のもの:千枚漬・日野菜漬・沢庵の麹漬 味噌は手前味噌。

今年もいただけるようになったので生徒さんに分けて食べて
いただく。今年は味噌を二斗つくりました。娘の所のお米の
御下がりで麹を作って。

ハンバーグソースには焼き残り汁にお酒を入れてらっきょ酢と
ケチャップで味付け。
ポテトはレンジして5分。マヨネーズ+らっきょ酢+塩こしょうで
サラダは胡麻ダレ又はポン酢で。
今年も山荘の染織指導を終える。いい年で感謝!!!

2010/12/11

曽我部・世古さんとランチ・・・ 可愛いシクラメンをいただきました。今日も皆でランチ。
ご飯:十六雑穀  味噌汁:白菜・人参・竹輪  皿盛:ポテトのサラダ(ハム・芋・キュウリ)
ラッキョ酢とマヨネーズで和える。魚のフライ(キス)
煮物:アラメと蓮根  香の物:千枚漬 大根の酢漬
世古作「柚子シホンケーキ」柚子の薫り高く美味しかった。教えて!!!
「良いお年をね」と挨拶して。本当に一年の早いこと!!! 来週は鯉のぼりの講座「雪かな〜」

2010/12/10

工房のクッキー
友人から教わったクッキーを10年ぶりに作る。クリスマスに向けて日持ちするクッキーです。
生地から41枚取れました。焼くのは180℃で25分
【材料】ショートニング 180g (寒いので少し湯煎にするといい)
    砂糖1カップ  120g 
    ブラウンシュガー1カップ 120g(シナモンシュガー)
    卵2個(100g)
    粉3カップ(300g)
    オートミール 1カップ  70g
    BP  小さじ1/2  重曹  小さじ1  塩小さじ1/2  バニラ小さじ1
    チョコチップ1カップ 100g レーズン 60g    
【作り方】
ショートニング+砂糖+卵を混ぜ合わせ残りの材料を入れて、粉が見えなくなるまで混ぜる。  
型はアイスサーバーで落とす。上を軽く押さえると良い。 お勧めのクッキーです。

2010/12/04

世古さんが「アップルケーキを焼いて来て下さいました。 河合さんのケーキドームに
入れてと…。蓋を開けるとりんごの香りがして美味しそう。しっとりとして美味しかった。
本人は少し味見をして言う訳にいかないので美味しいか心配と言っておりましたが、
美味しかったです、ありがとう。
櫨の葉が夕べの風で落ちていました。真っ赤な色をして綺麗です。テーブルに添えて晩秋を
味わいましょう。

2010/11/27

日の光が部屋の中に入ってくるようになった。今日は冷凍の「餃子」を焼くことにした。
少しへんぴな場所では冷凍ものは助かる。意外と冷凍を使う頻度が多い。工房で下処理を
して上がることが多い。野菜は近くにJAがあって地産地消できる。手間も掛けれないし
場所もない。当初は大勢で食事をするイメージは無かった。どんどん広がって多くて、
10人にも成ると山荘がパンク状態である。ありがたいことであるが。足も少し楽になった
のでまたランチを作る楽しみを持ちたいと思う。今年もあと一ヶ月になる。

2010/11/07

ひの菜の酢漬け・・・・
ひの菜800g・塩3%(24g)・酢・砂糖 塩24g
満遍なく蕪に付けて下漬けする。重石をしっかりと短時間で
水上げする。水が上がると2本で蕪の葉を蕪に巻きつけて
漬け込む。 酢と砂糖は目分量で鉄鍋で重石にして水分が
上がればタッパー等に入れて冷蔵庫に重石は要らない。
JAで蕪を求めつくる。今時分に出るもので武豊には無い
食材である。毎年一度は漬ける一品である。

2010/11/02

木枯らしが吹く・・・
煮豆を煮る。今朝思いつき水に浸して午後から煮た。新豆なのであく抜きは1回。水を替えて
「重曹」を一つまみ入れて弱火にして煮る。ご飯を炊く鉄鍋ですが、煮豆からポトフまで作り
ます。両手で持つ程重い鍋です。重い蓋が圧力を加えて柔らかい、煮崩れしない煮豆を作ります。
ご飯を炊かない日を見計らって使います。煮豆を作る側で肉団子の下ごしらえをして、冷凍して
置くと重宝します。
豚肉400g・白菜半個・玉葱1個・人参1本・エリンゲ100g 等をフードプロセッサーで
撹拌して、味付けをして丸めて冷凍しておきます。冬はキッチン側に私専用の機があるので
料理をしながら寒い冬の、暖かいものをいただく幸せ。感謝して!!!

2010/11/01

突然の訪問者・・・
先日山荘に御夫妻の見学者が二名あり。生徒さんと5人で
「焼きそば」をいただく。突然の訪問者で山荘指導は賑わい、
生徒さんを含め楽しい時間。昼食を共に取り有意義でした。
実は焼きそばが4人分しかなくて如何した物と考えたが
少しを分け合っていただくことも良いのではと、主人自家製の
漬物を出していただく 先回も書きましたが仕事をしているので
時間を掛けれない分、味と色で味わっていただくほか無く申し訳
ない。
赤カブは今が旬で浅漬けが結構活ける。漬物は塩をする時に
手早く水をあげることがコツですね。それには重石が大切な
役目をします。少しを何度も作って季節を味わいたい物です。

2010/10/30

皿盛:酢漬け大根・キュウリの辛子漬け・赤カブの酢漬け
※赤カブの酢漬け…3%の塩漬けをし、水が上がれば絞り酢と白だしを加えて重石をして
一晩おく。翌日からいただける。蕪の葉もおいしい。
※酢漬け大根…大根4kg 砂糖500g 酢1カップ・塩1カップ
@大根は塩1カップ・砂糖500g・酢1カップに漬け込む。
A洗わなくてそのまま、時間が経てば水が上り(重石はしっかり)年中いただける。
大根がなくなる季節の終わりに漬け込むと良い。水が上がれば重石を外して、冷蔵庫に入れる。

漬物作りに時間を掛けられないので、短時間で手軽に出来るものを実践!
いつも季節の漬物5〜6品はある。ご飯が進むので困るが…(苦笑)

2010/10/24

泊まりの生徒さんと上がって来た孫達と「えのき」に出かけピザをいただく。孫が来ればなにか
美味しいものを一緒にいただきたいと良くよく出かける「喫茶えのき」
ピザに多くのメニューはない、野菜ピザにシーフードピザ。野菜は季節のこだわりのものを使い、
私は特に蓮根入りが好き。今は秋、さつまいもやエリンギが今日は入っていた。山荘に帰って
「ケメックス」でコーヒーを入れてお茶にした後来年受験生の孫達は帰っていった。
来週は気温が急降下すると言うので暖かい物でランチをと楽しみにして山荘を降りる。

2010/10/23

世古・原指導ランチ・・・
秋も深まり、今日はキャベツの浅漬けをつくる。
グリーンボール1個を半分に切って、中の小さい葉と外の大きい
葉の半分を3等分位に分ける。軽く塩をして水を上げ(しっかりと
重石をする)絞り、酢と白だしを加えて一晩重石をする。今回は
山荘で作ったので鉄鍋を重石に使った。林檎・柿の皮を軽く干して
漬物の味付けに使う、甘味が出てよく使う。味が濃ければさっと
洗い刻んでいただくが、私は洗わず刻んでいただく。何回かすれば
塩の塩梅も判って洗わずにいただける。漬けれる野菜は白菜・子蕪
などで作っている。

2010/10/21

二人でいただく食事は楽しくをモットに。作業をするので
いたってシンプルなおかずに成ります。食べることの好きな
主人、手作りが好きですね ポン酢にしてもドライ無花果に
しても作って食べる楽しみがたまらないようです。
「どう?どう?」と言った顔をしてのぞきこみ、話しに
花が咲いて食事が美味しいです。食事は活きる源ですから
できるだけ短時間で楽しく美味しくいただけるものを。

今夜は 皿盛:野菜のかき揚げ(人参・しめじ・ピーマン・
玉葱・竹輪) 無花果の天ぷら・一口かつ
焼き茄子(ポン酢を掛けて)・胡瓜の辛子漬け ポン酢は
昨年冬の柚子を絞って150ccずつ冷凍。
合わせ:ポン酢と同量の醤油に小匙1杯の白出しを加えるだけ。
無花果の天ぷらはかき揚げの残り衣であげる。無花果はドライ
無花果を作ったもの。今年も柚子が思ったより育って嬉しいこと
です。

2010/10/20

今年初めて「マツタケ」をいただく。飯田の生徒さんが今年は良く採れると2本大きな物を
持ってきてくださった。棟梁が来ていたので1本おすそ分けし皆で美味しくいただくことに。

今夜の夕食 はげの煮付け・ピーマンとエリンゲのラー油炒め・煮豆・まったけ汁
はげの煮付けはこの辺では「ぎま」と言いますが、広島では魚のストリップ(皮をはぐ)と
聞いたことが印象的です。実がポロと取れて美味しい魚ですね。ピーマンは山荘で30個も
収穫しました。まだ実をつけています。★食べる「ラー油」をいただいたので使ってみました。
「辛くないよ」と聞いていましたが辛味は一切ないです。今ブームだそうでね〜いただきます。
山荘では動物が出て野菜を荒らすのでなかなか作れませんが、ハーブ類やニラといった匂いの
するものは手をつけません。煮豆は常時作って一品にしています。今夜は香りをご馳走に美味しく
いただきました。ご馳走様!!!


2010/10/19

暑い夏が過ぎて、ようやく秋野菜がJA等のでてきました。秋の味覚「むかご」が見当たりません。
口にすることが無いかなぁ〜少し残念でした。庭の手入れをしておりますと工房の野牡丹にからむ
ようにして「むかご」が出来ていました。しかし少ないので来年用に愛でるだけにしました。
毎年、山荘付近だけに気を取られていましたが、身近にあることに感動しました。今年は冷凍していた
「むかご」をいただくことにします。冷凍なのでオイルであげて軽く塩コショウでいただくととても
美味しいです。

2010/10/09

紅玉が出始める。ジャムにしよう。
皮抜きに時間は掛けれぬ(ただいま常滑屋中!)皮むきで挑戦、
時間がかかる。やはり丸くいつものむき方が速い。塩水につけ
ながら「銀杏切り」にする。
りんごだけで透明になるまで煮る。水分が出てくる。
途中で清酒2回に分けて煮る。(量が増す)
「我が家にはワイン等はないが清酒は常にある」
白ザラメを2〜3回に分けて煮る(ザラメの音が
しなくなればまた入れる…を繰り返す)
しばらく煮て火を切る冷めるまで置いて瓶に詰める。
美味しかった秋のジャムの一品!!!
今朝は五穀パンにつけていただく。五穀パンはもちもち
してジャムと良く合う。

2010/10/02

今日は山荘指導日三人。久しぶりに皆が一同に揃う。藍染めをして、煮染めをして、
ドラム整経をしてと山荘はにぎやか。忙しくする中、今日は簡単なランチを心がけ
頂き物のとろろ昆布を巻いておむすびに。魚にフライと季節の地豆を入れた筑前煮。
季節の果物と皆が一品ずつ持ち寄ってテーブルはにぎやか。いただきます!!!

2010/09/28

秋。「地豆」です。心安い八百屋さんに地豆が出る。つくばに住んでいた頃は千葉が名産で
季節になると店に出ていたが手が出なかった。余り自分に馴染みがなく、下ごしらえが面倒と
思った。「八百竹」は聞けば誰にでも丁寧に教えてくる。水から地豆を入れて茹で沸騰10分。
塩は手に一杯入れて。そのまましばらく茹で汁の中に放置。ザルに上げて夜はビールのおともに。
飲める人がうらやましい! 飲めない私はこの秋を煮しめに入れる。これが絶品です。野菜を
落花生の大きさにして。

2010/09/25

台風の余波で強い風が山荘に吹いています。今日、明日は整経をするので昼食作りに時間を費やせず
焼きそばにしました。デザートは秋の味覚「柿に梨、みかん」甘いみかんでうれしい。鳥居さんいつも
ありがとう。 焼きそばは野菜たっぷり。食欲の秋・・・何を頂いても美味しいですね。

2010/08/19

毎日、パパに美味しい物を食べさせたいと願う。盆休暇があけて冷蔵庫の中を掃除。
「そうだ!五目寿司にしよう。」冷凍庫を見れば09.3.5と言う日付の芋茎(サトイモの茎)が
有った(苦笑)時間が経っているのでしっかりとアクを取って、サット湯通しをして使うといい。
五目寿司:人参・椎茸・芋茎・油揚げ・高野豆腐・グリーンピース(人参以外全て冷凍庫にあり)
3袋分作り2袋は冷凍にしました。

何年ぶりかの冷凍庫の掃除でした。今夜は五目寿司と目ざし・薩摩芋と粗めの煮付け・一口そうめん
私は乾物や豆類を備えておくことが好きです。乾物は先人の知恵の塊。大いに使いたい物です。
野菜干しは知多半島では無理のようです。やはり寒い地方の伝統野菜の保存手段のようです。
取り入れれば料理が広がるのですが…。ドライブの寄り道「道の駅」によることが楽しみの一つです。
珍しい物を手に入れることが出来るととても幸せです。ビンに詰めて眺めながら使っています。我が
台所も家と共に40年が過ぎました。あの頃にすればダブルシンクは余り無かったように思いますが、
料理の仕事をしていた私にとっては欲しかった物です。
暑いけれど何となく秋ですね〜お隣の空き地に染織用の刈萱が大きくなっている様子、我が家の染料を
採取する場に成っています。住宅地の真ん中に残ってしまった空き地、今年も売れずにありそうです。
キッチンをしながら大きくなる刈萱を見る楽しみ。今年は一度5月に除草剤を撒かれて刈れたと残念に
思っていましたが今は一番大きくなっています。9月まで刈られないでいて下さいと祈るばかりです。

2010/08/17

「かりもり」をいただく。通常は粕漬けに用いるが2個で多くないので今回は辛子漬けにして見た。 皮が固そうで5等分にカットして辛子漬けの何時もの分量で計算してパウダーを作り漬け込む。 一昼夜は重石をして漬け込みしっかりと水が上がれば重石を軽くして冷蔵庫に保存。 二日目の辛子漬けをいただく。初めてのことで少し心配をしたがこれはこれで結構いただける。 新しい発見でした。辛子漬けは時間が経っても緑の色が鮮やかに残るため皆が喜んで食べる。 盆休暇を終えて久しぶりに二人の食事。少し寂しい・・・かりもりポリポリ二人でいただく音で笑うが込上げる。ポリポリ

2010/07/28

わたしのビビンバ・・・
娘が作ったビビンバがおいしくて私も作ってみました。 ミンチは甘辛く。汁はチャーハンに使う。
蒟蒻・ごぼう・ピーマン・人参と全て一品ずつ薄く味をつけて、チャーハンの上に具を盛り付け
していただく。 娘『こんにゃく…?ごぼう…??』それは邪道でしょうと言いましたが、でも
美味しかったです。私たちにはこれが良いのです。

2010/07/22

いつもの八百屋に出かけて、キュウリ4kgもとめる。
キュウリの辛子漬けをする。
キュウリの辛子漬け:キュウリ1kg・砂糖140g・塩40g
辛子粉15g
調味料をパウダー状にしてキュウリのまぶすだけ。
少し重石をする(水が上がるまで) 水が上がれば冷蔵庫に
保存。一日もすればいただける。緑の色もいつまでもあって
食欲がわく。帰り際、店主が「やりイカがあるよ。おいしい
刺身にどう」と。今夜は刺身にすることに。
雑穀米に削りマグロ丼(白だしを少し、ねぎと生姜等を
混ぜて)
キュウリとちくわ・わかめの酢のもの(削り胡麻をあえて)
今夜もどうよ・・・美味しいでしょう。

2010/07/21

梅干しが三日目。梅がしっかりと干されてカリカリになる。連日の猛暑で35℃・36℃・37℃。
四基に火を入れての作業、工房はそれより2℃は高い。毎日、シロップが大活躍!!!
鳥居さんに感謝!皆に分けたのでまたレモンをいただきに参上する。少し皮の渋みが出て
おいしい!

2010/07/20

野菜五目寿司・・・ 連日の暑さに体が着いて行かない。美味しくいただけるものはと。
いつもの雑穀米に寿司酢を掛けて、赤く染まった寿司米です。 具は有り合わせ・・・
冬に作った高菜漬け・キュウリの辛子漬け・人参・ひじき・油揚げ 人参とひじきは甘く
炊いて。全ての具を刻んで混ぜるだけ。 今夜は豆腐の味噌汁にレッドオニオンと
キュウリの酢のもの。 パパも美味しいっておかわりをして食べるが元気の元。口から
入れるが一番。サプリメントはいや!!!

2010/07/19

梅雨が明けて三日目・・・
今日は山荘から早朝降りてパパは『防災訓練』帰ってから
『梅干し』である。毎日ご飯に入れて炊くので大切な食材の
一つです。昨年はなかなか干すことが出来ず、山荘に盆に
盛って上がり四日かけて干したものです。今年は何とか
母屋のベランダで干せそうです。
ありがたい!時間を見ては一つずつ裏返す事が大変です。
パパありがとう。

                               HPのトップ